利用規約

本規約は、株式会社ゆとりすと(以下、当社といいます。)が運営するプラットフォームサイト「ワン!ともTsunagu」(以下、「本システム」といいます。) の利用に関する条件を、本サービスを利用するお客様(以下、「ユーザー」といいます。)と当社の間に定めるものです。

第1章 総則

第1条(規約の適用)
ワン!とも Tsunagu 利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、当社が提供するプラットフォームサイトサービス「ワン!とも Tsunagu」の利用に対して適用されます。 本規約以外の本サービスに関する個別規定、ガイドページ、よくあるお問い合わせも本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれを遵守することに同意し、本サービスを利用するものとします。
本規約において、次の用語は以下のように定義します。
本サービスを利用する者を「ユーザー」といいます。
本サービスを通じてユーザーが入力した、プロフィール情報、メッセージなどの一切の情報を「コンテンツ」といいます。
第2条(本規約の変更)
当社は、本サービスの運営上の都合その他当社が必要と判断する場合には、随時、当社の運営するウェブサイトの適宜の場所に掲示することにより、本規約を変更することができます。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後の本規約によるものとします。
変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除き、本サービス上に表示した時点より効力を生ずるものとします。当該変更後、ユーザーが本サービスを利用した場合、ユーザーは本規約の変更に同意したものとみなします。
第3条(当社からの通知)
当社は、本サービス上の掲示や電子メールの送付、その他当社が適当と判断する方法により、ユーザーに対し、随時必要な情報を通知します。
第4条(本サービスの利用)
ユーザーは本サービス利用にあたり、本規約を順守するものとします。
本サービスは、ユーザーの皆様に対し、犬の飼い主同士、ユーザー同士が各々の目的に合わせて繋がるための機会、地域コミュニティづくりのための情報やユーザー間でのメッセージのやり取り等の「場」の提供をするものです。以下、ユーザーが本サービスを利用するためには、次条に従い、本サービスへの登録を行う必要があります。
第5条(登録)
本サービスへの登録を希望する者(以下、「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下、「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスへの登録を申請することができます。
本サービスへの登録の申請は必ず本サービスを利用する個人が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません。また、登録者は、登録情報について、常に真実、正確かつ完全な状態にしなければなりません。
当社は、当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知し、この通知により登録は完了したものとします。
当社は、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあります。
(1) 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
(2) 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(3) 過去に本サービスの利用の登録を取り消された者である場合
(4) 未成年者
(5) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他これらに準ずるものを意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
(6) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合
ユーザーは、本サービスにおいて、1人につき1つのアカウントを保有するものとします。1人が複数アカウントを保有すること、複数人が1つのアカウントを共同して保有することはできません。
第6条(当社が必要とする書類等の提出))
ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、当社の定める手続きに従って、本人確認書類その他の当社の必要とする書類等の提出又は本人認証への対応等を行うものとします。 前項の他、当社が必要と判断した場合、当社はユーザーに対し、身分証の提出その他の方法による本人認証への協力を要請することができるものとし、ユーザーはこれに協力するものとします。
ユーザーが前各号を遵守しない場合、当社はユーザーによる本サービスの利用の制限又は禁止の措置をとることができるものとし、ユーザーはこれに異議を述べないものとします。

第2章 サービス利用・個人取引に関する規約

第1条(サービスに関する責任)
本サービスは、ユーザーの皆様に対し、サイト内でユーザー同士が目的に合わせて繋がり、コンテンツのやり取り等をするための「場」の提供をするものであり、ユーザーは、本規約を遵守の上、全て自らの意思と責任において、サービス利用を行うものとします。
当社は、ユーザー同士のコンテンツの内容の信憑性,真実性、正当性、適法性、完全性、第三者の権利を侵害していないことその他一切の性質について何ら保障するものではありません。
また、当社は、ユーザー同士のコンテンツ等が本規約に抵触するか否かを積極的に監視する義務を負うものでもありません。
第2条(禁止行為)
ユーザーは、本サービスを利用して、次の行為(以下「禁止行為」といいます。)を行わないものとします。禁止行為に該当する又は該当するおそれがあると当社が判断した場合、当社は、ユーザー間のコンテンツ等について送信防止措置(削除)を講じることができるものとし、また、ユーザーの本サービスの以降の利用を禁止することもできるものとします。当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに損害が生じた場合でも、一切の責任を負わないものとし、ユーザーはこれを了承します。
ユーザーは、本サービス中に知り得た他のユーザーに関する情報(他のユーザーのプロフィール情報、コンテンツに含まれる情報を含みますが、これらに限りません。以下、「ユーザー情報」といいます。)について、守秘義務を負うものとします。ユーザーは、これらの情報につき、本サービスの利用以外の目的での使用、第三者に対する開示または漏洩、当社の許可なく複製・複写のいずれもしてはならず、また、本サービスの利用終了後も同様の義務を負うものとします。
他人(法人も含もます。以下同じ。)の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える旨のコンテンツ等を送信する行為
不倫、援助交際、売春、買春等の勧誘行為
他のユーザーに不快感を与える行為
一般に公開されている情報を除き、所有者の了解なく、電話番号、メールアドレス等の個人的な連絡先を公開する行為
他人の名前その他の情報を不正利用したメッセージ等を公開する行為
異性との出会いを目的とする一切の行為
ユーザーが使用するコンピュータ、スマートデバイス、通信機器等のハードウェア若しくはそれらにインストールされているソフトウェアに何らかの悪影響を生じさせ、又はユーザーに心理的な不快感を与えるようなコンピュータプログラムやファイルを添付、又はそれらのプログラムやファイルが記録されているサーバーにアクセスするURLを掲載し、若しくはかかるサーバーに対するリンクを貼る行為
他人の産業財産権(特許権、商標登録等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為
他人の信用若しくは名誉を侵害し、又は他人のプライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為
自殺・自傷行為を肯定・勧誘あるいは助長する行為
人や犬、動物等の虐待を肯定・勧誘・助長する行為
虚偽又は真実に反し若しくは誤解を招くような行為
低俗で品位を欠く行為
本サービスの運営又は他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、若しくはそれらに支障をきたす行為
通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為
無限連鎖講(ねずみ講)、マルチ商法、又はそれに類するもの、その恐れのあるものと当社が判断する内容を掲載する行為
政治活動、宗教活動、又はそれに類するもの、その恐れのあるもおと当社が判断する内容をメッセージする行為
公序良俗に反する行為
営利目的、広告目的のメッセージをする行為
法令に違反する行為(法令上必要な許認可・登録・届出等を欠いてなされる行為を含む)
他人に対する誹謗中傷、脅迫、嫌がらせ、ストーカー等の行為
その他当社が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為
第3条(コンテンツ等に関するその他の事項等)
ユーザーは、当社に対し、自らがコンテンツのやり取りについての適法な権利を有していること、コンテンツのやり取りが第三者の権利を侵害しないこと及びコンテンツが第2章第2条に規定されている禁止行為に該当しないことについて、表明し、保証するものとします。
ユーザーは、自らのコンテンツ等を常に正確かつ最新な状態に維持及び保護する責任を負うものとし、当社はコンテンツの維持及び保護について一切の責任を負いません。
当社は、コンテンツが当社の管理するサーバーに未達の場合、その他通信障害等が生じた場合について、一切責任を負わないものとします。
本サービスのメッセージ機能を利用して交換されるメッセージ・通信等の内容については、原則として、これらを送信したユーザー及び受診したユーザーのみ見ることができますが、当社が必要に応じて確認のうえ、その内容又は方法が禁止行為に該当する又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には送信停止及び削除を行うことができます。
当社は、ユーザーがサービスを利用したこと及び本条に基づき行った行為によりユーザーに損害が生じた場合でも、一切の責任を負わないものとし、ユーザーはこれを了承します。
ユーザーは、自らのコンテンツを常に正確かつ最新の状態に維持及び保護する責任を負うものとし、当社はコンテンツの維持及び保護について一切責任を負いません。
第4条(サービス利用に係る自己責任の原則等)
ユーザーは、本サービスにて、ユーザー同士での目的(友達づくり、コミュニティづくり、犬の預け合い、モノの譲り合いなど)のため利用することは出来ますが、ユーザーは、本規約を遵守の上、自らの責任と判断においてサービスを利用しなければなりません。
本サービスを利用するユーザー間の取引等は、あくまでユーザー間に成立するものであり、当社は、ユーザー間の取引等及び取引等に付随する事項には直接関与せず、ユーザー間の取引等に関する事項は全てユーザーの自己責任において行われるものとします。
コミュニティ、掲示板などの機能を用いることで、他のユーザーとのコミュニケーションを目的とした様々な情報発信をすることができます。こうした、ユーザー自身のプロフィール以外のページにユーザーが自発的に入力した情報は、任意で制限をできる場合を除き本サービスのユーザー以外からも閲覧可能となります。したがって、これらの機能を通じて氏名や連絡先などの個人情報を公開することは、トラブルの原因となる場合もありますのでやむを得ない場合を除き極力お控えください。そのことが原因でいかなる問題が発生した場合でも、弊社がその責任を一切負いかねますので、ユーザーご自身の責任の範囲内においてご利用ください。
当社は、ユーザー間の取引等に関する事項について、原則として介入することはなく、ユーザーは取引等に関するトラブルについて当社に解決を求めることはできません。ただし、当社は、本サービスの円滑な運営のために必要と判断した場合、ユーザー間のトラブルに介入することがあります。
ユーザー間で取引等に関してトラブルが発生した場合、ユーザーの費用と責任によって解決されるものとします。
ユーザーは、本サービスを利用して取引等を行うに際し、本規約を遵守するとともに、法律、ガイドラインを遵守しなければなりません。

第3章 雑則

第1条(本サービスの中断)
当社は、次のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
本サービス用設備の保守又は工事のため、やむを得ない場合
本サービス用設備に障害が発生し、やむを得ない場合
登録電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合
その他、運営上又は技術上当社が本サービスの一時的中断が必要と判断した場合
第2条(本サービスの終了)
当社は、相当の周知期間をもってユーザーに通知の上、ユーザーに対する本サービスの全部又は一部を終了することができるものとします。
前項の通知は、本サービス上の掲示及び本サービスが提供するメールサービスを利用するユーザーへの電子メールの送付によるものとし、その通知の効力は第1章第3条の定めによります。
当社は、第1項の方法によるユーザーに対する通知の後、本サービスを終了した場合には、ユーザーに対して本サービスの終了に伴い生じる損害、損失、その他の費用の賠償又は保障を免れるものとします。
第3条(個人情報の取り扱い)
当社は、本サービスにおいてユーザーのプライバシーを尊重し、当社のプライバシーポリシーに従い、個人情報を取り扱うものとし、ユーザーは予めこれに同意するものとします。
第4条(利用停止)
当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する又は該当するおそれがあると当社が判断する場合は、事前に通知又は催告することなく、当該ユーザーについて本サービスの利用を一時的又は永続的に停止し、又はユーザーの登録を取り消すことができます。
A. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
B. 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
C. 当社、他のユーザー及びその他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
D. 死亡した場合又は後見開始、補佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
E. 当社からの連絡に応答がない場合
F. その他、当社が登録の継続を適当でないと判断した場合
前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、他のユーザーに対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに他のユーザーに対して負っている全ての債務の支払いを行わなければなりません。
当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
第5条(免責事項)
当社は、本サービスの利用に関してユーザーが被った損害又は損失については、一切の責任を負わないものとします。
当社は、本サービスの利用に際して、第1章第2条(規約等の変更)、第3章第1条((本サービスの提供の中断)、第3章第2条(本サービスの終了)があった場合等を含め、ユーザーが被った損害又は損失に対して、一切の責任を負わないものとします。
当社は、ユーザーが本サービスの利用によって、他のユーザー又は第三者に対して損害を与えた場合、その一切の責任を負わないものとします。
当社は、ユーザーが本サービスを通じて得る情報などについて、その完全性、正確性、確実性、有用性など、いかなる保証も行わないものとします。
当社は、ユーザーが使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切行わないものとします。
本サービス利用の際に発生した、電話会社又は各種通信業者より請求される接続に関する費用は、ユーザーが自己責任において管理するものとし、当社は、いかなる保証も行わないものとします。
ユーザーは、本サービスを利用することが、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、ユーザーによる本サービスの利用が、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保障するものではありません。
本サービスからの他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サービスへのリンクが提供されている場合でも、当社は、当該ウェブサイト及びそこから得られる情報に関していかなる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
第6条(損害賠償の請求)
ユーザーが本規約に反した行為又は不正若しくは違法に本サービスを利用することにより、当社に損害を与えた場合、当社は、当該ユーザーに対して損害賠償の請求(弁護士費用も含む)を行う場合があります。
第7条(反社会的勢力等への対応)
ユーザーは、本規約の有効期間中、反社会的勢力等に該当しないこと及び反社会的勢力等と関係を持たないことを表明し保証します。
ユーザーは、当社又は他のユーザーその他の第三者に対し次の各号の一に該当することを行ってはなりません。
A. 脅迫的、暴力的又は法的な責任を超えた要求
B. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いた信用棄損又は業務妨害
C. その他、前各号に類似するいかなる行為
ユーザーが第1項又は第2項に違反していることが判明した場合は、当社は当該ユーザーのコンテンツを削除し、当該ユーザーによる本サービスの利用を停止することができます。
ユーザーは、前項の規定により本サービスの使用を停止された場合、当社に対して何らの損害賠償ないし補償を請求することはできず、また当社に損害が生じたときはその損害を賠償するものとします。
第8条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された既定の残り部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
第9条(準拠法)
本規約に関する準拠法は日本法とします。
第10条(管轄裁判所)
ユーザーと当社とは、本規約に関する紛争について、その訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることとします。

預かり規約(預かるユーザー)

ワン!ともTsunaguでは、共助システムの中で困った問題がおこった場合や非常時に犬を預ける、預かる場合において、安全に安心して利用できるように、ユーザー預け・預かり規約を遵守して頂くようにご協力をお願いします。
このサイト内で取り決めされた犬の預かりに関しては、業としておこなわれるものではなく、ユーザー会員の善意と信頼にて成り立つものです。
この趣旨をよくご理解頂き、預かる際は無理のない範囲で預かった犬の世話を引き受け、お互いが気持ちよく利用できるようにご配慮して頂けると幸いです。

第1条(適用)
1. 本規約は、株式会社ゆとりすと(以下、「当社」といいます。)が運営する地域コミュニティの共助システム「ワン!ともTsunagu」の中でユーザー同士が犬を預ける、犬を預かる場合に適用するものとします。
2. ユーザーは、当社の審査を経て登録完了後にサービスを利用開始することにより、利用規約、本規約および各種規定を遵守することに同意したものとみなされます。
3. 本規約以外の本サービスに関する各種規約、ガイドページ、よくある質問は本規約の一部を構成するものとし、ユーザーはこれを遵守することに同意し、本サービスの利用をするものとします。なお、本規約の内容と各種規約やその他の本規約以外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
第2条(定義)
本規約において使用する以下の用語は利用規約の第1章第1条の規約の適用に定める意味を有するものとします。
第3条(利用条件)
ユーザーは、以下の利用条件を遵守するものとし、これに反する犬の預かりに関しては、当社の損害賠償保険の適用が受けられない場合があります。
1. ユーザーは、登録完了後にサイト内の動画研修をすべて受講するものとします。
2. 預かるユーザーは必ず犬の飼育経験があるものとします。
3. ユーザーは、飼育している犬がいる場合は必ず登録情報にすべて登録するものとします。
4. ユーザーは、登録している犬が狂犬病ワクチン、混合ワクチンを必ず接種しているものとします。
5. 災害時など特段の事情がない限り、生後6ヶ月以上10歳未満の犬で健康状態に問題がない場合に預かることができるものとします。

2 以下の場合、預ける・預かるのを禁止します。
1. 蚤・ダニ予防を行っていない犬
2. フィラリア予防措置を行っていない犬
3. 攻撃性がある、または過去に咬傷事故を起こしたことのある犬
4. 体調不良が疑われる犬
5. 衛生状態が良くない犬
6. 吠え癖のある犬
7. 噛み癖のある犬
8. 未避妊、未去勢の犬同士の預かり
9. 預ける飼い主の準備物(預かる犬の情報、フード、ペットシーツ他)の不備
10. 預かる側の安全に預かるための備品や環境づくりの準備不足
11. 預かる側に飼い犬がいる場合の犬の体調不良
12. 預かる側に飼い犬がいる場合、預かる犬との相性が良くないときの対処方法がない
13. 預かるユーザーの体調不良の時
14. 一度に2頭以上の犬を預かる
第4条(ユーザーの責務)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下に定める責務を誠実に履行するものとします。
1. 飼い犬を預かる場合は、初対面でいきなり預かることなく、飼い主同士、犬同士ともに理解し合い、信頼できるように日頃からのお付き合いをしているものとします。
2. 登録ユーザー本人が犬を預かるものとし、預かった犬の世話を家族や第三者に任せないものとします。
3. ユーザーは、預かった犬に対して善管注意義務をもって事故の起こらないように安全対策を講じ、自己の責任において預かることとします。
4. 登録した情報に変更があった場合、速やかに最新の情報の更新および本人確認の提出を行うこととします。
第5条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。
1. 犬を預けたユーザー及びその預かった飼い犬に対して危害や危険を及ぼす可能性のある行為
2. ユーザーから預かった犬の世話等に関して、理由なく不誠実な対応をする行為
3. 虚偽の情報を登録、及び申告すること
4. 犯罪行為その他の法令違反、利用規約に定める禁止事項、およびその他のユーザーの迷惑になる行為
5. その他本サービスに相応しくないと当社が判断した行為
第6条(緊急時の対応)
1. 預かった犬の健康状態に異変が生じた場合、脱走したなどの場合(以下、「緊急時」という。)の緊急連絡先や対応については、予め、預けるユーザーと話し合い、取り決めをして書面にしておくこととします。
2. 緊急時には、第1項の取り決めの内容に従い、速やかに対応するものとします。
3. 緊急時の対応に関しては、ユーザー同士で対応するものとし、当社は直接対応にはかかわらないものとします。
第7条(損害賠償責任保険)
本システムにて犬の預け合いを取り決めした時間内に、犬の行為で第三者の身体、財産を侵害した場合は、当社の契約する賠償責任保険の範囲にて保険が適用されます。但し、ユーザーの故意若しくは重過失、又は規約違反の場合は保険の支払いができない場合があります。
第8条(免責)
ユーザー間のトラブルに関しては、ユーザー同士で解決するものとし事由の如何を問わず当社は損害賠償責任を負わないものとします。
第9条(その他)
悪天候や預かるユーザーの体調不良、やむを得ない急用などの理由により、犬を預かることができない場合に、預けたユーザーが被った損害等に関して当社および預かる予定だったユーザーは何らの責任も負わないものとします。
第10条(分離可能性)
悪天候や預かるユーザーの体調不良、やむを得ない急用などの理由により、犬を預かることができない場合に、預けたユーザーが被った損害等に関して当社および預かる予定だったユーザーは何らの責任も負わないものとします。
第10条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された既定の残り部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
第11条(準拠法)
本規約に関する準拠法は日本法とします。
第12条(管轄裁判所)
ユーザーと当社とは、本規約に関する紛争について、その訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることとします。

預け規約(預けるユーザー)

ワン!ともTsunaguでは、共助システムの中で困った問題がおこった場合や非常時に犬を預ける、預かる場合において、安心・安全に利用できるように、ユーザー預け・預かり規約を遵守して頂くようにご協力をお願いします。
このサイト内で取り決めされた犬の預かりに関しては、業としておこなわれるものではなく、ユーザー会員の善意と信頼にて成り立つものです。
この趣旨をよくご理解頂き、預ける際は過度な要求や要望はおこなわず、お互いが気持ちよく利用できるようにご配慮して頂けると幸いです。

第1条(適用)
1. 本規約は、株式会社ゆとりすと(以下、「当社」といいます。)が運営する地域コミュニティの共助システム「ワン!ともTsunagu」の中でユーザー同士が犬を預ける、犬を預かる場合に適用するものとします。
2. ユーザーは、当社の審査を経て登録完了後にサービスを利用開始することにより、利用規約、本規約および各種規定を遵守することに同意したものとみなされます。
3. 本規約以外の本サービスに関する各種規約、ガイドページ、よくある質問は本規約の一部を構成するものとし、ユーザーはこれを遵守することに同意し、本サービスの利用をするものとします。なお、本規約の内容と各種規約やその他の本規約以外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。
第2条(定義)
本規約において使用する以下の用語は利用規約の第1章第1条の規約の適用に定める意味を有するものとします。
第3条(利用条件)
ユーザーは、以下の利用条件を遵守するものとし、これに反して犬を預ける場合には、当社の損害賠償保険の適用が受けられない場合があります。
1. ユーザーは、登録完了後にサイト内の動画研修をすべて受講するものとします。
2. 預けるユーザーの犬の飼育経験の有無を必ず確認し、飼育経験のあるユーザーのみに依頼するものとします。
3. ユーザーは、飼っているすべての犬の登録情報を登録するものとします。
4. ユーザーは、登録している犬が狂犬病ワクチン、混合ワクチンを必ず接種しているものとします。
5. 災害時などの特段の事情がない限り、生後6ヶ月以上10歳未満の犬で健康状態に問題がない場合に預けることができるものとします。

2. 以下の場合、犬を預けることを禁止します。
1. 蚤・ダニ予防を行っていない犬
2. フィラリア予防措置を行っていない犬
3. 攻撃性がある、または過去に咬傷事故を起こしたことのある犬
4. 病気、体調不良が疑われる犬
5. 衛生状態が良くない犬
6. 吠え癖のある犬
7. 噛み癖のある犬
8. 未避妊、未去勢の犬同士の預かり
9. 預ける場合の準備物(預ける犬の情報、フード、ペットシーツ他)の不備
10. 市町村への登録が済んでいない犬
11. 預かるユーザーに飼い犬がいる場合の犬の体調不良
12. 預かるユーザー本人の体調不良の時
13.預ける犬の体調不良の時
第4条(ユーザーの責務)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下に定める責務を誠実に履行するものとします。
1. 飼い犬を預ける場合は、初対面でいきなり預けることなく、飼い主同士、犬同士ともに理解し合い、信頼できるように日頃からのお付き合いをしているものとします。
2. 預ける飼い犬を安全に事故なく預かってもらうために、預かるユーザーへの最大限の配慮と必要な備品や食べ物などの準備物を用意して預けることとします。
3. 予め約束した時間内に愛犬を迎えにいくこと。やむを得ない事情が発生しお迎えの時間に間に合わない場合は、必ず預かったユーザーに連絡をするものとします。
4. 預かるユーザーの飼育環境、預かるユーザーと飼い犬との相性など総合的に判断して自己の責任において預けることとします。
5. 登録した情報に変更があった場合、速やかに最新の情報の更新および本人確認の提出を行うこととします。
第5条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。
1. 犬を預かるユーザー及びその飼い犬に対して危害や危険を及ぼす可能性のある行為
2. 過剰なサービス提供を要求すること
3. 虚偽の情報を登録、及び申告すること
4. 犯罪行為その他の法令違反、利用規約に定める禁止事項、およびその他のユーザーの迷惑になる行為
5. その他本サービスに相応しくないと当社が判断した行為
第6条(緊急時の対応)
1. 預けた犬の健康状態に異変が生じた場合、脱走したなどの場合(以下、「緊急時」という。)の緊急連絡先や対応については、予め、預かるユーザーと話し合い、取り決めをして書面にしておくこととします。
2. 緊急時の連絡を受けた場合は第1項の取り決めに従い、速やかに対応するものとします。
3. 緊急時の対応に関しては、ユーザー同士で対応するものとし、当社は直接対応にはかかわらないものとします。
第7条(損害賠償責任保険)
本システムにて犬の預け合いを取り決めした時間内に、犬の行為で預けたユーザーや第三者の身体、財産を侵害した場合は、当社の契約する賠償責任保険の範囲にて保険が適用されます。但し、ユーザーの故意若しくは重過失、又は規約違反の場合は保険の支払いができない場合があります。
第8条(免責)
ユーザー間のトラブルに関しては、ユーザー同士で解決するものとし事由の如何を問わず当社は損害賠償責任を負わないものとします。
第9条(その他)
悪天候や預かるユーザーの体調不良、やむを得ない急用などの理由により、犬を預けることができないことにより被った損害等に関して当社および預かる予定だったユーザーは何らの責任も負わないものとします。
第10条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された既定の残り部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
第11条(準拠法)
本規約に関する準拠法は日本法とします。
第12条(管轄裁判所)
ユーザーと当社とは、本規約に関する紛争について、その訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることとします。